今こそ中古マンションを購入する好機

総務省が5年ごとに行なっている住宅・土地調査によると、2013年の全国の住宅総数は6063万戸で、このうち820万戸が空き家です。空き家率は13.5%で、過去最高を記録しました。日本の総人口も2008年から明らかな減少が顕われていて、世帯数の減少が始まるのも、もうすぐと言われています。この状況で目につくのは、全国的に都市部に人が集まり、郊外地域で空き家が目立っているということです。当然、中古マンションの売り物件も増えていて、しかもその価格が驚くほど下落しているのです。

首都圏で、都心部へ通勤70分以内という立地にある中古マンションのなかには、100万円台などといった価格になっているものもあります。もちろん、こうした驚くような価格の中古マンションには4階でエレベーターが無いとか、北西向きといった条件の物件もありますので、詳細はきちんと調べることが肝心です。けれど、頭金を貯めている間に支払う家賃のことを考えてみたら、さっさと中古マンションを購入して落ち着いて生活したほうが便利なはずです。

価格が下落している中古マンションが多く目立つのは郊外です。けれど育児を考えている世代なら、この郊外は子育てにはもってこいの環境です。また、同じ予算でも新築より中古マンションなら広い面積の物件を手にすることができます。大きなローンを組んで生活費を切り詰めるよりも、無理のない支払でゆとりある暮らしを楽しんではいかがでしょうか。中古マンション市場が買い時の今こそ、購入を真剣に考えてみるといいでしょう。

▲ページトップへ